国内外のオーガニック素材で作る、家庭料理とお菓子の小さな教室。(広島県福山市)
子どもクッキング3月
2008年03月31日 (月) | 編集 |
3月は麺!と言うことで手打ちうどんを作りました。
うどん足ふみ

作業は至って単純。
薄力粉と強力粉に塩水を加えてコネコネ。
まとまって来たら厚手のビニール袋に入れて
足でフミフミ(これが楽しい♪)
生地につやが出てきたら
袋のままベンチタイムです。

その間、だしを取り(昆布とかつおぶしの合わせです)、
お揚げさんを炊き、塩蔵わかめを戻すなどして待ち、
いよいよメインの生地を伸ばす→切る作業。

「伸ばすのってこんなに力がいるの?」
「わ~っ、粉がこぼれた!」
「生地がひっつくよ、ほぐれない」
などと大騒ぎほっ
生地を切る作業は、押さえる手に力が
入りすぎるとカットした時点で団子に
なってしまうので、手粉は自分が思う以上に
量があった方が作業しやすいです。

そして出来上がった「きつねわかめうどん」
子どもクッキング3月

しっかりフミフミしたのが良かったのか、
固すぎず、でもしっかりコシのある
美味しい麺になりました笑顔
強いて言えばもう少し塩気があった方が
良かったかな?

覚書に分量書いておきます。

<手打ちうどん>
薄力粉  200g
強力粉  200g
塩     小さじ2(これより多めでも良い感じ)
水     1カップ



クリックすると票が入ります。
いつも応援ありがとう。


広島ブログ