国内外のオーガニック素材で作る、家庭料理とお菓子の小さな教室。(広島県福山市)
ネコとハンドメイド展8
2015年02月24日 (火) | 編集 |
出展の申し込みをした頃は、2月はそんなに
忙しくないだろうとたかをくくっておりましたが
ところがどっこい予想外のバタバタ感。
案の定、時間が足りない間に合わないで、
今回の忘れ物は何とテーブル!ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!
(どうしてこんなデカイものを忘れる!)
皆みなさまの善意でワタクシ成り立っております。
(備品を貸してくれたみずたまちゃん、RIOちゃんありがとう!)
更に2日目は遅刻ときたもんだ!誰か叱ってやって下さい ・・・。

肝心のイベントの様子ですが、今回は2/22ネコの日を
含む日程と言うことで、いつもよりネコものをパワーアップ。
私はひっそりと告知しておりました新作を
ネコだらけで作ってみました。
ダメダメカメラで撮ったボケボケ写真で分かりにくいですが、
三角形のテトラポーチ。
ネコ展8
飴ちゃんがたくさ~ん入ります(。-∀-)
他にもコンタクト用品入れたりと立体的なものを
入れるのに便利な感じ。何よりサンカクの形が
可愛いと思いません?(自画自賛)

今回は非常にお客様も多く、更に私たちも
館内放送が聞こえないくらいに(苦笑・それはヤバイ、
何かあったら逃げ遅れる)非常に賑やかな、
お喋りと笑いの絶えない2日間でした。
今年最初のイベント、支度はバタバタだったけど
おかげさまで幸先いい感じ♪でスタート出来ました。
ありがたいことに春から夏にかけての各イベントにも、
お声をかけていただいていますので、またこちらで
お知らせして行きますね。

さて、もう冬ごもりは終わり。
体を調えて次の季節へ参りましょう!
マクロビオティックのその先へ(もしくはその原点へ)
2015年02月20日 (金) | 編集 |
2015.11.24 加筆修正しました。


最近「マクロビをしないと健康にはなれないのですか?」
なんて切迫したトーンで、何がどうした?と言った
質問をされる事が増えてきましたので、
こちらに私の個人的見解を記しておこうと思います。

ウィキペディアでマクロビオテイックを検索したら

【第二次世界大戦前後に食文化研究家の
桜沢如一が考案した食生活法・食事療法と
主張されるものの一種である。
名称は「長寿法」を意味する。】

と、ありまして、

【玄米を主食、野菜や漬物や乾物などを
副食とすることを基本とし、独自の陰陽論を
元に食材や調理法のバランスを考える食事法である】

と記されています。食事と健康の深い結びつきに
ついて考えた事がある人なら、どこかで必ず
マクロビオティックに触れる機会がある事と思います。
ご多分に漏れず私もその一人。
その理論に魅了されながら、でもその理論に
モヤモヤする何かがあったのも確かです。

マクロビオティックを勉強しながら、同時に東洋医学や
薬膳を勉強するようになって、次第にモヤモヤの正体が
分かって来ました。私は、人の体はそれぞれ違うから、
良いと言われる事を同じようにしても人によって出方が
違ったりするんだろうなと思っていて、(まさにそれが
個人差と言うもの!)、中医学理論には根っこに
その考え方があるのですが、マクロビオティックは
もっと大きく人の体をとらえていて、何か物足りない。

私のマクロビに対するモヤモヤは、
求めているものに近いけど何か違う、と思っていた
心から出ていたものだったのでしょうね。

また、これは個人的に感じる事ですが、
マクロビオティックに心酔される方は、
マクロ的なものは「善」、そうでないものは「悪」
と言った価値観に囚われ、非常に息苦しい考えを
持つ方が多いように思います。
料理は医療行為ではありませんが、
食べる事は人の体と心に大きな影響を与えています。
上から目線で正義を振りかざして作る食事が
素晴らしいとは私には思えません。

しかしながら、私はマクロビオティックを否定しません。
その考えに触れたからこそ食事と健康の深い結びつきに
気付いたのです、これはとても大事な事。
でも声高にマクロビを推奨する事もしません。それを敢えて
言葉にするなら、私はマクロビオティックのその向こう側
(もしくはその原点)へ向かおうと思います。

先の質問、「マクロビをしないと健康になれないのですか?」
その答えはNO。何かをすれば、若しくはしなければ
健康になれないなんて、人はそんなに簡単に
出来ていません。人の体と心は相互に密に作用しながら
形作られていて、そしてどんなに文明が発達しても、
人は自然の一部である事には変わりはありません。

モヤモヤの霧が晴れて、本格的に薬膳と
中医学の勉強を始めました。教室でお話する時、
自分の中から出てくる言葉は、血の通った
心に届くものでありたいと切に思います。

先人の知恵を今に活かす、温故知新で行きましょう。
まずは二十四節季、立春、雨水を過ぎて春に近づく
今日この頃の、早春の養生の仕方から。
(時々、学んだ事をこちらで記事にして行こうと思います)
イベントに参加します in 福山市駅家町
2015年02月09日 (月) | 編集 |
ネコとハンドメイド展も、もう8回目。
今回はネコの日の2月22日を含む
2日間の開催です。

ネコとハンドメイド展8
ネコ展8フライヤー

日時:2015年2月22(日)・23(月)
   AM:10:00~PM:4:30
場所:福山市駅家町坊寺230
   『HOLM230』
TEL 084-976-1122
詳しくはこちら

猫の日開催記念、両日プレゼント企画あります。
お楽しみに♪.

私は両日の参加です。
時期的にはそろそろ春を感じたい頃、
でもまだまだ朝晩は寒く、温かい飲み物が
嬉しい季節。早春を感じるお菓子と、
ホットドリンクといただきたいお菓子、
どちらも揃えて行こうかと思います。
布モノは色々と新しいものを試作している所で、
間に合えばそちらも参加させたいなぁ・・・と。

今年最初の参加イベントです。どうぞみなさま
遊びに来て下さいね。
小さな失敗をさせる勇気を
2015年02月05日 (木) | 編集 |
子どもを対象とした料理教室の名前の「こころみ」に
込めた想いはふたつ。ためすと言う意味の試みと
こころを見ると言う意味の心見。チャレンジ精神と
ポジティブな内省がテーマです。
料理を作れるようになる事も大切ですが、
それよりもその過程がとても重要だと考えています。

素材選び、調味料との相性、火を通す通さないの
調理方法など、無限大にある組み合わせの中から
自分で選んで自分で決める
まぁ実際、無限と言ってもその季節折々で、
手に入る素材も変わるのである程度限定されますし、
決め切れない時には数を絞って選びやすくしたり
しますが、それでも自分で選んで、自分で決める事が
とても大事だと考えます。

そのため親子の教室も子どもだけの教室でも、
用意されたレシピを見ながら作ると言う事はしません。
こちらでメニューのざっくりとしたアウトラインを
決めていても、当日お子さんと話して、冷蔵庫や
畑を一緒に見たりして、子どもから出てくる
言葉を待ちます。出てきた言葉でメニューが変わるので
レシピが出せないと言った方が正しいですね。
(例外としてお菓子作りはレシピを見ながら
作ります。お菓子は計量が命)

この、自分で選んで自分で決める事が出来ない子どもが
年々増えているように思います。これは子どもの問題でなく
大人の関わり方の問題だと推測するのですが、
以下は個人的な見解とお願いです。

とかく大人は自分の思惑で子どもを誘導しがち。
そして失敗させないように先回りしがちです。
賢い子どもほどそんな大人の気持ちに敏感ですから、
大人の意志を汲んで発言します。

だから、大人の方にお願いです。
子どもたちに小さな失敗をさせる勇気を持ちませんか?
野菜の切り方がちょっと違っても、火加減が強すぎたり
弱過ぎても、味付けがどうにもならなくても、
全部リカバリー出来ます(私が責任を持ってフォローします)
たとえ失敗しても、自分の意志でやるからこそ
得られる達成感があります。
失敗した子どもの心をしっかりと受け止める事は
大人の大切な仕事のひとつではないでしょうか?

「こころみ」の覚書
「こころみ」ではレシピが無い代わりに
出来たごはんを写真に撮って絵日記風に
感想や覚書を書き込めるような一枚を
お渡ししています。この料理教室がお子さんにとって、
充実した楽しい思い出のひとつになってくれたら
良いなと願っています。