子ども料理教室「こころみ」2010/3/20
2010年03月20日 (土) | 編集 |
季節はもうすぐ春。旬の素材を使って
今月はニョッキと寒天ゼリーを作りました。
パスタと聞くと細長い形を連想しますが、
おだんごの形をしたニョッキも立派なパスタ。
ふかしてつぶしたじゃがいもと強力粉を
合わせて作ります。
子ども料理教室「こころみ」2010-3-20
上にかけるソースは菜の花としめじ、
あさりで作ったクリームタイプ。
たくさん食べるかな?と思って
じゃがいも、1㎏ゆでました!
思ったより生地がべとついたので、
スプーン2本で生地を取り分けて成型。
・・・結果、ものすごい量が出来ました。
ソースが足りないよ、と言うのでイタリアっぽく
オリーブオイルに塩と粉チーズをかけて
食べてみると口に入れた途端、子どもたち、
困ったような悲しいような不思議な表情。
「これ・・・絵の具みたいな匂いする」
oh!やっぱり苦手ですね。私も子どもの頃は
(と言うか割と最近まで)オリーブオイルは嫌いでした。
慣れるとこの香りが良いのだけどね。

寒天は八朔の果汁だけを使うはずが、絞った後の皮に
果肉が結構残ったので皆でちまちま外して、
豪華・果肉入り寒天ゼリーにしました。絞った後の皮を
カップにして注いで冷やして切り分けると、
何だか最初からこんな果物があるようなおもむき。
柔らかくてするんとしたゼリーと違い、
寒天の食感はサクサクしているんだそう。

さて、そんなこんなで1年、子どもたちと一緒に
料理を作って来ました。その中で感じたのは、
子どもたちは思った以上に意欲があって、
具体的にモノを知りたがるものなんだな、
って事。そして非常に哲学的。毎回料理の傍らで、
様々な理論や物の見方を披露してくれます。
さて、これからも料理と子どもの間に
どんな化学変化が起こるのかしらん?
楽しみにしつつ来期も引き続きます。
2ヶ月粉ものが続いたので、
来月はお米を炊くぞ~!


ランキングに参加中
**にほんブログ村 ナチュラルライフ**
**にほんブログ村 食育・食生活** 
**広島ブログ**
クリックすると票が入ります。
いつも応援ありがとう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック