国内外のオーガニック素材で作る、家庭料理とお菓子の小さな教室。(広島県福山市)
子ども料理教室「こころみ」2010/6/19
2010年06月19日 (土) | 編集 |
今月のテーマは雨とあじさい。
梅雨入りし、そぼ降る雨に庭の紫陽花も
ひっそりと色づきました。
その葉っぱをあしらった和菓子と、
つぶしたお豆腐に色々な具を加えて焼いた
「紫陽花焼き」、白玉だんごを雨粒の形に作って
梅雨空をイメージしたお吸い物を作りました。

最初はデザート作りから。ぶどうジュースで作った
板状の寒天を5mm角にカットします。
それをラップの上に乗せて、丸めた白あんをのせて
軽く包んで紫陽花の花に見立てたら、バットに並べて
冷蔵庫へ。冷やした後お皿に紫陽花の葉を敷いて、
盛り付けました。

冷やしている間にお吸い物の白玉作り。
しずくの形って思ったより難しく、
あれこれっやっているうちに「好きな形に作りた~い」
となってしまったので、半分はしずくの形、残り半分は
アルファベットや音符の形など、思い思いのものを作りました。
お吸い物には他に春雨で雨の筋を、わかめでを雨雲を
イメージして加えました。
写真だと全然分かりませんね

子ども料理教室「こころみ」2010-6-19

豆腐の紫陽花焼きは、にんじんやひじき、しいたけ、
ニラなど色々な野菜を加えて焼いた肉無しの
ハンバーグのようなもの。写真撮るよ~って言ったら、
ミッキーマウスの形に並べてくれました。
この紫陽花焼きが今日は大人気で、豆腐2丁使って
作ったのに「味見用に残しておいてよ~っ」と
ストップを掛けないとあやうく完食される所でした。

今日のメニューは渋いセレクトだったので、
子どもにたちの気持ちには心躍るような
華やぎは無かったでしょう。
でも季節のうつろいを食事の中で見立てたり、
かたどったりする日本人の粋な美意識、
次の世代にも知っていて欲しいと強く思います。


ランキングに参加中
**にほんブログ村 ナチュラルライフ**
**にほんブログ村 食育・食生活** 
**広島ブログ**
クリックすると票が入ります。
いつも応援ありがとう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック