子ども料理教室「こころみ」 2010/12/18
2010年12月18日 (土) | 編集 |
今月のテーマは「あったかごはん」
そう言われると一番にイメージするのは
お鍋料理。鍋は鍋でも今回は具沢山の
スープを大きなおなべいっぱいに作りました。

12月はクリスマスがあるせいか、どうしても
洋風のメニューに偏りがちなのですが、
ここはひとつ和風でほっこり温まろうと
地味な献立にしてみました。

子ども料理教室「こころみ」2010-12

写真に撮るとぐんと地味さが引き立ちますねぇ(笑)
でも作るのは大変でしたよ。何せ材料を全部
大豆サイズに切らないといけないので、
みんなで手分けしてスタート。おしゃべりすると
手が止まるので「ハイ、手も動かすよ」と私が言うと
黙々と・・・。でもやっぱりそのうち誰かが
ポツリと何か言って、また話が盛り上がって手が止まる。
その繰り返し。なかなか進みません。
今回は干ししいたけと昆布、豚肉を入れたので
わさわざだしを使わなくてもOK。
煮込むうちに素材から自然にいい味が出て来て、
調味料も塩としょうゆのみで十分美味しく出来ました。

フルーツ寒天はみかんとりんごをレモン風味の
寒天液に閉じ込めて型で抜きました。
生のフルーツを使ったため、皮をむいて小さく
刻む工程が面倒で難しかったよう。でも、
こちらとしてはそこがねらいのひとつ。
みかんは缶詰にする際、薄皮をむきやすく
するために薄い塩酸に漬けるのよ~、
なんてちょっとブラックな話を
作業の合間に織り交ぜて。
知ってしまうと怖~い食品の話、
たくさん知ってるもので、ついつい出てしまいます。

全部食卓に並べて、写真を撮って
「いただきます」をした後で、青菜の
おにぎりを作り忘れていたのに気づきました。
お腹がすいて待てないので、各自ごはんに混ぜて
即席菜めしに仕立てました。
私の好きな「古き良き時代の食卓」に近づいていたら
嬉しいな~。(子どもウケはしませんけどね)

ランキングに参加中
**にほんブログ村 ナチュラルライフ**
**にほんブログ村 食育・食生活** 
**広島ブログ**
クリックすると票が入ります。
いつも応援ありがとう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック