自分で作るお弁当の日
2011年07月14日 (木) | 編集 |
先日、息子の通う中学校でお弁当を
自分で作ってくる日と言うのがありました。
私の住む地域の中学は全国的に珍しいと
言われるお弁当持参区。おかげで彼が
4月に入学してからこちら、部活の朝練に
間に合わせないといけなくて、私も
強制的に早起きに。うう、眠いよ。

自分で作ることの狙いは、作ってくれる人への
感謝と、自分が食べているものに興味を
持ってもらうことなのかな?
メニューを書き込んだプリントを
持って帰って来たり事前に学校でも
色々と学習したようです。学校側からの
今回のミッションは、「自分でご飯を炊く」
ことが出来ればOK。

さて当日の朝、5時半。
私は口は出しても手は出さない約束。
でも、反抗期の子どもは親の助言なんて
ちっとも聞きません。かろうじてメモに書き付けた
レシピを見ながら必死の形相。
家を出なくてはならないちょっと前に、
どうにか形になったようです。
撮らせてもらった写真がこちら。

自分で作るお弁当の日2011-7
豚のしょうが焼き・キャベツとにんじんの塩炒め、
ピーマンのピーナツ和え、プチトマト。
ご飯は3分搗きの胚芽米に自家製梅干し。
本当はゆで卵も入る予定だったのに、
段取り間違えで断念したそうな。
まあ、初めて一人の力で作ったにしては
良いのではないかと親バカ・・・ですね。

学校から持ち帰ったプリント、色々役立つ事
書いてあったのですが、全部は書けないので
一部転載します。

※お弁当作りのポイント※

 大きさぴったり
 彩りきれい
 主食:主菜:副菜=3:1:2
 それぞれ違う調理法
 動かないように詰める。


おあとがよろしいようで・・・。

ランキングに参加中
広島ブログ
いつも応援ありがとう
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック