01≪ 2018/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
個別記事の管理2012-10-24 (Wed)
小6の娘の担任の先生は田畑と山持ち。
春には田植え、つい先日は芋掘りと
イベントを企画して、土の上に
生徒を誘ってくれます。
子どもたちはそりゃ楽しいばかり。

その芋掘りの後のクラス会の際、
役員さんと話題になった「先生の所で採れた
さつまいもで調理実習」って話。
瞬く間に詳細が決まり、昨日行ってきました。
ええ、言いだしっぺが私なんで、
もちろん私の仕切りです。

作ったのは「いもようかん」
「スイートロックポテト」
5・6時間目と2コマはあったけれど、
もしもを考えて、おいもをふかす所までは
こちらで用意しておきましたが、その続きは
全部、もちろん後片付けまで子どもたちだけで
キチンとやりきってくれました。さすが6年生。

4人ずつのチームに分かれて、
半分はいもようかん、半分はスイートポテトを
作ってもらう事にしたのですが、
いもようかんは見た目も地味なお菓子なので
子どもがときめく要素が少ない・・・!
考えに考えて、厚みを薄めに作って
クッキーの型で抜く事にしました。
これが大当たり♪
子どもたちの、どの型にしようかと
選んでいる姿、オーブンの前でスイートポテトが
色づくのをじっと見て待っている姿。
6年生になって皆、大人っぽくなったなぁと
思っていたけれどそんな姿は幼い頃のまま。

先生の意向で、同じ6年生の他クラス全員分と、
校長先生、職員室の先生の分、
本当にたくさん作りました。
それを配り終えた子どもたちの誇らしげな姿、
正にプライスレス。

もし時間があったら作ろうと思っていたのが、
「さかさまフライパンケーキ」
ギリギリ勝負で間に合いました。
スイートポテトの下ごしらえで、厚めに
むいた皮を、千切りにしてキャラメリゼした
ものでトライ。(レシピの洋梨の部分を
さつまいもに換えるだけ)
頑張った我がクラスの子たちだけに、
ひと口ずつオマケ。これにて終了。

片付けをしていたら、帰り支度した子どもたちが
お礼を言いに来てくれました。
ありがとう。ありがとう。
こちらこそありがとう。
一番楽しかったのは、きっと私(笑)。


ただいま参加中
広島ブログ
* Category : 食育・子ども料理教室
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by 花ねこ
楽しいのが伝わってきました〜〜
自分たちが作った物を、みんなに配るなんて!!
それはそれは誇らしげ♪ですよね。

Re * by うっかりねこ
いやぁホント楽しかったです。
ウチのクラス、学級通信が毎日出るのですが、
翌日の記事に載った子どもたちの感想文が
また可愛くて可愛くて。
たまりません(^^)

コメント







管理者にだけ表示を許可する