国内外のオーガニック素材で作る、家庭料理とお菓子の小さな教室。(広島県福山市)
クリスマス会だよ!調理実習
2012年12月20日 (木) | 編集 |
前回のさつまいもの調理実習からこちら、
学校で何か作ると言われると、
いそいそ家庭科室に向かう私です。
回を重ねるたびに手つきも段取りも
上手になって行く子どもたちの姿は
私自身もとても勉強になるし、何てったって
皆で料理するって楽しい!

各班でポテトサラダ(これはじゃがいもの
皮むきのテストをするためらしく)と
他に一品好きなものを作る、って課題の時は
買出しから自分たちだけでサクサク進めて
何とまあ段取りのよい事。
定番のカレーにチャーハン、春巻き、
コロッケ、オムライス、お好み焼き、
麻婆豆腐に豚カツetc。ポイント的に
大人がアドバイスはしたとは言え、
出来るもんですねぇ。ロールキャベツを
イチから作った班には本当に感服。

しかし。デコレーションケーキとなると
話は別です。何せお菓子作りの中でも
材料費もべらぼうに高いが難易度も高い。
しかも皆、デコケーキに憧れも夢もいっぱい。
持って来た材料のフルーツもチョコも
どう考えても全部乗せられない量です(苦笑)
生クリームの泡立ての加減の難しさに
四苦八苦したり、フルーツを乗せすぎて
カットしたら見事に崩れたりと苦戦していましたが、
どうにか形になり「メリークリスマス!」で乾杯。

私も子どもたちの作業を見ながら、
猛スピードで一台作成。夏に畑で採れて
冷凍しておいたブルーベリーを
生クリームでサンドして、表面は削った
ホワイトチョコとレモンの皮をブレンドしたものを
雪のようにまぶしつけ、ミントの葉を飾って
それらしく体裁をつけた簡単版。
本当はサンドするフルーツの種類を色々
入れたかったのだけど、何せ時間と予算が・・・。

子どもたちがレモンの香りを嗅ぎながら、
「レモンの皮って食べられるんだね~」
とひとこと。子どもと料理する時、いつも
知らない何かを発見してくれたらいいなと
思っているのですが、今回はどうだったかしらん?

来年も、役員の方たちとこんな感じの
お楽しみを考えています。年が明ければ
3月には子どもたちは卒業。
彼らの思い出作りをサポートできるように
大人の私たちも楽しんで行きますよ。


ただいま参加中
広島ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック