プロフィール

料理教室「やさしい食卓」

Author:料理教室「やさしい食卓」

国内外のオーガニック素材で作る、
家庭料理とお菓子の小さな教室を
主宰しています。
2001年開設のWeb site
「やさしい食卓」にて毎月
オリジナルレシピを公開中。


http://www7.plala.or.jp/dining/

カテゴリ
料理教室のご案内
*おとなの教室*
料理教室「やさしい食卓」のご案内
おとなの教室Q&A

*子どもと親子の教室*
子ども料理教室「こころみ」のご案内
子どもの教室Q&A


詳細は「料理教室のご案内」
またはメールフォームより
お問い合わせ下さい。

※facebookにて
教室の様子や情報を
公開しています。
どなたでも閲覧出来ます。

料理教室やさしい食卓


※教室を取材して頂きました。
*雑誌*
 ・ウインク2016年11月号
order
http://www7.plala.or.jp/dining/web-shop.html

せっけんの使い方読本

6月の料理教室で経皮毒のレクチャーをしたら
「上手なせっけんとの付き合い方」を
知りたいとの話が出たので
参考になりそうな本をいくつか見繕ってみました。

まずは
ナチュラルクリーニング と ナチュラルランドリー

 この2冊は佐光紀子さん著
 せっけんでのお掃除、洗濯の仕方が
 具体的に書かれています。
 お掃除は汚れの種類と場所別に、
 洗濯は素材別・具体的な汚れ別に分けて
 書かれているので便利です。 


 ちなみに粉石けんで上手にお洗濯するポイントは
 ・洗濯物の量に見合った石けんの量で洗う。
 ・しっかり石けんを溶かして泡立てる。

 洗顔の時だってたっぷりの泡で汚れを落とすでしょ。
 石けんの量は多すぎても少なすぎても効果が落ちるそう。
 何事も「ちょうどいい」ってのが大切なんですね。

 また、すすぎ水にクエン酸水を入れると
 (酢でも良いけど匂いが・・・)
柔軟材の代わりになってふんわり仕上がります。
私は梅雨の季節はクエン酸水に
ティートゥリーのオイルをほんの少し加えて
使ってます。

left
続いて
自然流「せっけん」読本
こちらは文庫版もあります。


もっと噛み砕いた漫画バージョン「ススメ! 石けん生活」

 こんなのもあります。
 漫画は小さい子どもにも
 分かりやすくておすすめ。
 いずれもシャボン玉石けん 
 故 森田光徳さんの著書です。


環境と健康を考え、会社が倒産の危機にみまわれても
その意志を貫いた彼の心意気に惚れました。
ブームもあり色々な会社が石けんを作っているけれど、
その企業理念に投資する意味で
私はずっと「シャボン玉派」です。

いずれも図書館などで借りられるので
長い長い夏休みに一冊読んでみるのは
いかがでしょうか?


FC2 Blog Ranking
広島ブログ
クリックすると票が入ります。
いつも応援ありがとう。

2008.07.03(Thu) | 料理教室「やさしい食卓」 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://yasasishokutaku.blog.fc2.com/tb.php/14-1d3b9619
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可