国内外のオーガニック素材で作る、家庭料理とお菓子の小さな教室。(広島県福山市)
こだわりの根っこ
2015年11月27日 (金) | 編集 |
イベント出展も委託参加をひとつ残すのみとなり、
いつもの教室や、おせち料理教室の準備、
頼まれものやギフトのお菓子を作ったりと
束の間の静かな日々を過ごしております。

ギフト2014

そんな中、12月より料理教室の規約を一部
改定する事になり、あらためて初心に返ろうと
2001年にホームページを開設した時、
想いを記した記事を読み返しました。
我ながら、その時の自分の気持ちがちゃんと
言葉の形になっている、気恥ずかしいけれど
良い文章だなと自画自賛。

材料にこだわって活動をしていると、良くも悪くも
色々な人に色々な事を言われるのですが、
これが正しいとか、あれは間違ってるとか、
もう!うるさいよ・・・と言うのが本音で、
ひとつの価値観を上から目線で
押しつけられる事ほど不快な事はないなぁ、
と思いつつ、ふと我が身を振り返ったり・・・。

私の考えの基本は、
「食事で(自分を含む)家族の体を作り、整える」、
これを芯にして、様々な価値観から自分が
しっくり来るものだけ、いいとこ取りしています。
そして、どんなにこだわった良いものだとしても、
「美味しくないもの」を食べる事だけは
絶対に嫌だと思っています。

出来るだけ農薬や化学肥料も使わない素材を
選ぶのは、それを作るのがどれだけ大変な事か
知っているから。ただでさえすぐに虫に喰われたり、
お天気や気温の変化に左右されるお百姓仕事、
上手に育った時の喜びとありがたみは、
自ら畑に出てみると本当に良く分かります。

化学調味料の入ったものを極力使わないのは、
舌にある、味を感じるセンサーを大切にしたいから。
後味の悪さが嫌だから、使わないようにしています。
何より昔ながらの製法できちんと作った調味料は
理屈抜きで、ホントに美味しい。

電子レンジや電磁調理機を出来るだけ使わないのは、
料理が美味しく出来ないから。あと、機器の仕組みの
難しい理屈は置いておいて、何より私、電磁調理機の
側に長時間いると気分が悪くなるんです・・・、
倦怠感とか頭痛とか吐き気とか。もう物理的に無理。

材料にこだわっていると、色々な健康法と絡めて
お話される事も多いのですが、私はアレルギーや
病気による食事制限、また宗教上の理由が無い限り、
何でも食べて良し!と思っています。
肉も魚も動物性油脂も牛乳も卵も砂糖も、
ぜ~んぶ食べて良し!ただ、美味しいものは確かに
体に負担がかかりやすいので、量や質でバランスを
取る事が大切です。でもこれ、言うは易し行うは難し。
食欲は本能ですからね、なかなか厄介です。

そのあたりの事も含めての、色々な事を話しながら
健康的で美味しいものを作るのが、ウチの料理教室の真骨頂。
料理する事に於いて一番大切なのは、衛生面でも
技術でもなく、作る人が楽しい気持ちでキッチンに
立つ事ではないかしら?
これからも、何が出来るかワクワクしながらキッチンに
立って、美味しいものを作り続けて行けたらいいなと
思います。引き続き、料理教室「やさしい食卓」、
どうぞご愛顧下さいませ。
コメント
この記事へのコメント
すごーくしっくり来ます!
ホントにその通り(^.^)料理教室に行って見たいなあ!
2015/11/26(Thu) 18:38 | URL  | たえこ母さん #-[ 編集]
Re:
ありがとうございます♪ 料理教室は年明けから
「手前みそ作り」のレッスンも始まりますよ。
良かったら教室のページも覗いてみて下さいね(*´∀`*)
2015/11/27(Fri) 19:32 | URL  | うっかりねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック