食品の裏側
2007年12月18日 (火) | 編集 |
先週末、「食品の裏側」著者の安部 司さんの
講演会に子どもたちと一緒に行きました。

まだ小学校低学年、2時間の長丁場どうなるか、と
心配していた割には大人しく聞いており、
(自分から行きたい、と言っただけあった!)
ジュースやラーメンスープの実験を見て絶句。
「怖いね~」
と正直な感想を漏らしておりました。
私もあの実験は食べ物を作っているとは思えず
不気味を通り越して、そら恐ろしくすら感じます。

講演の中で安部さんも言っておられたけど、
企業は消費者の望むモノを作っている、
ただそれだけ。
糾弾したり非難するのは簡単だけど、
それを望んだ自分たちを振り返る事も
実はとても大事なんだと言う事を、
彼の講演を聴くたび思います。

我が子が食品をモノと認識する人間にならないよう、
出来る事から伝えて行きたいものです。


クリックすると票が入ります。
いつも応援ありがとう。


広島ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック