子どもクッキング3月
2008年03月31日 (月) | 編集 |
3月は麺!と言うことで手打ちうどんを作りました。
うどん足ふみ

作業は至って単純。
薄力粉と強力粉に塩水を加えてコネコネ。
まとまって来たら厚手のビニール袋に入れて
足でフミフミ(これが楽しい♪)
生地につやが出てきたら
袋のままベンチタイムです。

その間、だしを取り(昆布とかつおぶしの合わせです)、
お揚げさんを炊き、塩蔵わかめを戻すなどして待ち、
いよいよメインの生地を伸ばす→切る作業。

「伸ばすのってこんなに力がいるの?」
「わ~っ、粉がこぼれた!」
「生地がひっつくよ、ほぐれない」
などと大騒ぎほっ
生地を切る作業は、押さえる手に力が
入りすぎるとカットした時点で団子に
なってしまうので、手粉は自分が思う以上に
量があった方が作業しやすいです。

そして出来上がった「きつねわかめうどん」
子どもクッキング3月

しっかりフミフミしたのが良かったのか、
固すぎず、でもしっかりコシのある
美味しい麺になりました笑顔
強いて言えばもう少し塩気があった方が
良かったかな?

覚書に分量書いておきます。

<手打ちうどん>
薄力粉  200g
強力粉  200g
塩     小さじ2(これより多めでも良い感じ)
水     1カップ



クリックすると票が入ります。
いつも応援ありがとう。


広島ブログ
コメント
この記事へのコメント
みんなで足で踏むのいいなぁ。それならりんりん♪でも出来るもんなぁ・・・。歩けないけど、お手手を持ってやると地団太踏むみたいにするんだー。それがまた可愛くて・・・。(親ばか)
たーまに手打ちうどんやるんだけど、思いっきり「ホームベーカリー」にこねてもらって適当に寝かせて切るだけなので、ありがたみが薄いのよね・・・。
そうそう、いつも疑問に思うのだけど「強力粉+薄力粉=中力粉」ってなわけにはいかないのだろうか???
2008/04/01(Tue) 15:44 | URL  | ひーどん #JalddpaA[ 編集]
おお~(o^∇^o)ノがんばったのね…
うどんって作るの~って感じだったけど
いざ作ってみると楽しいね♪
子供も喜ぶし(/・ω・)/
うちでも二人が切るまでやったけど
それはそれはきしめんでした・・・( ̄  ̄;)
それはそれでよかったけど
細いのが食べたかったゆうゆうでした(* ̄m ̄)プッ
2008/04/08(Tue) 01:14 | URL  | ゆうゆう #-[ 編集]
to ひーどん
手でこねるのは気合が要るけど
足なら勝手に体重かかるから
すんごく楽なんだよね~。
「強力粉+薄力粉=中力粉」
とは行かないんだろうけど
(グルテンの量とか違うんだろうな)
歯ざわりはなかなか良い感じよ。
そういや地粉って中力粉が多いよね~。
2008/04/08(Tue) 22:34 | URL  | うっかりねこ #-[ 編集]
To ゆうゆう
忘れもしない中学時代。
家庭科で手打ちうどんを作った時の
衝撃的な美味しさが忘れられなくて
時々作るんだけど、作りたては
やっぱり美味いわi-271
応用で生パスタも出来るよん。
2008/04/08(Tue) 22:40 | URL  | うっかりねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック