子どもクッキング2008-12
2008年12月25日 (木) | 編集 |
1月からはじめた子どもクッキングも
今月でまる1年経ちました。早いもんですね~。
集大成の今月は、何とローストチキンです。
去年は私が作るのを側で見ていた娘。
今年は自分もやってみたいと言い出したので
クリスマスの今日、チャレンジする事にしました。

丸鶏一羽、でかいです。
そして重い。
息子は腰が引き気味ですが、
娘は目を爛々とさせてテキパキ作業を進めます。
チキン 洗う

きれいに洗って、
塩こしょうをすり込んで、
チキン 糸縛り

たこ糸で縛ります。
これが難しい。
特に手羽先を後ろ手にして形を作るのなんて、
どうなってるのか分からなくなるから、
自分の腕を後ろ手にしてみて関節の曲がり具合を
比べたりと時間がかかります。
そうこうしているうちに、息子の顔色が何やら怪しい・・・。
「・・・母さん、俺、めまいがするよあせ
そうなんです。極度の緊張のあまり気分が悪くなったのでした。
話を聞けば、
「食べたら美味しいのは分かってる。
でもこんな残酷なことを自分の手でするってのが
ショックでショックで・・・」
みたいな事をつらつらと語る。
そうだった、彼は意外にデリケートなんだと今更ながら悟りました。
かたや娘、たこ糸を握り締め、ああでもないと鶏を縛り上げる
その姿はまさに「男前」。たくましいもんだわ。

無事に形が出来たらオーブンへ。
ウチのオーブンはイギリス食パンが
2本同時に焼けるサイズなんですが、
鶏はそれに入るか入らないかの大きさ。
半ば強引に突っ込んで、スイッチオン。
チキン オーブンの中

写真、分かりづらいですが、パツパツです。
10分もすると庫内からいい香りが・・・。
同時にへばっていた息子が復活。
野菜を切る気力は出てきたようなので、
大根を長めの拍子切りにしてスティックサラダを
作ってもらいました。
子どもクッキング2008-12

出来上がりはこちら♪
完全に火が通るまで、1時間30分ほどかかりました。

小学生二人含む4人家族では
さすがに一羽完食は無理。残りはチキンサンドや
サラダに使いまわして明日も楽しみます。
胸が一杯で普段より食の進まなかった息子。
食べることは命をいただくのだと、
身をもって感じたひとときとなりました。


**にほんブログ村 ナチュラルライフ**
**広島ブログ**
**FC2 Blog Ranking**
クリックすると票が入ります。
いつも応援ありがとう。
コメント
この記事へのコメント
おいしそ(*^o^*)
ローストチキン、おつかりさま♪
めっちゃおいしそう~
後ろでにしばられた後の手が
なんとも言えない。。。
「ブタのいた教室」って映画見たよ。
まさに食育?
ブタがかわいそうだから食べれないとか
食べてこそ命の引継ぎだとか、
いい内容だったよ~
2008/12/26(Fri) 22:24 | URL  | ゆうゆう #-[ 編集]
今更の遅いレスでごめん。
「ブタのいた教室」、面白そうだなとは思ってて、試写会の申し込みしようと思ったら締め切り過ぎてたi-230 そりゃ自分が育てた生き物を食べるのは複雑だろうなぁ。でも同じ育てたものでも野菜は平気で食べられるのにね。
息子、青ざめながら「来年もまた作る」と言い切ったよ。彼の心に何が去来するのだろうか・・・。
2009/01/07(Wed) 21:02 | URL  | うっかりねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック