子ども料理教室「こころみ」2009/8/8
2009年08月08日 (土) | 編集 |
子ども料理教室と言えど、基本はバランスの取れた
食事を作ると言うのが私の中には大前提としてあるのですが、
たまには横道にそれるのも大いに有り。
今回はハンバーガーをメインにアメリカっぽいランチを
勝手にイメージした料理を作りました。

まず最初は冷やす時間のかかる冷菓を。
ジェラートを作っても良かったけれど、それじゃイタリアンだし。
アメリカンなら何だろう・・・と考えて、缶詰があったので、
パイナップルのフローズンヨーグルト
を作る事に。これは簡単、軽く泡立てた生クリームとヨーグルト、
砂糖、刻んだパインを全部混ぜて容器に入れて凍らせるだけ。

ハンバーガーはビーフパテの定番のものと、
照り焼きチキンの2種類を。先に一緒に挟むきゅうりやトマト、
コールスローなどを作ります。トマトを上手に輪切りにするのは、
なかなかの難関。力を入れすぎると果肉がつぶれるし、
適当な加減と言うのが必要なんですね。
加減と言えば鶏肉をそぎ切りにするのも難関でした。
肉はグニャグニャしてるし、包丁を斜めに倒して切るのが
手を切りそうで怖いんですって。

子ども料理教室「こころみ」09-8-8 1
そんなこんなで出来上がったバーガーランチ。
付け合せは揚げ焼きポテトです。
パテがたくさん出来たので、メガマック並みに積んでいる子もいました。
つい「野菜は肉の3倍食べる」と囁きたくなる私・・・。

子ども料理教室「こころみ」09-8-8 2

ポップコーンは塩バター味と、いちごミルク味の2種類。
甘味バージョンはいちごジャムとコンデンスミルクで作ってみましたが、
美味しいんだけどもうちょっとドライに仕上がったほうが更に美味かな。

久しぶりにポップコーン作りましたが、やっぱり面白いなぁ。
フライパンに種を入れた時、「たったこれだけ?」って思うけど、
ポンポンすごい音してはじけ終わった後にフタを開くと
ぶわっと大量のポップコーンになって出てくる所とか、
その後に塩・こしょうと一緒に紙袋に入れて、シャカシャカ振るのも楽しい。
子どもよりも私の方が大いに楽しんでいるかも。

ハンバーガーのリクエストはとても多いので、
また企画しようと思っています。


ランキングに参加中
**にほんブログ村 ナチュラルライフ**
**にほんブログ村 食育・食生活** 
**広島ブログ**
クリックすると票が入ります。
いつも応援ありがとう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック